自己紹介

どうもゆうぽけと申す者です.

主にポケットモンスターのシングルレートをやりながら、アニメ見たりラノベ読んだりしてるオタクです。ガルーラ軸を好んで使っているというかガルーラしか使えません。嫁ポケはゴマゾウ。レートはSMのシーズン2くらいから初めました。

結果

各シーズン最高レート

S5 2005

S7 2111

S8 2005

S9 2029

S10 2029

S11 2005

S12 2049

S13 2103

S14 2025くらい

S15 2014(2ロム)

S16 2002

オフ

サブローカップ 3位

シーズン2最終93位使用構築 襷+カビミミ改

どうもゆうぽけです。シーズン2お疲れ様でした。一月の間毎日モチベーション高く潜り続けた結果、目標としていた最終二桁に滑り込むことができたので構築記事を書こうと思います。

 

f:id:kubochan523198:20200201210418j:plain

構築経緯

シーズン1で使用していた襷+カビゴン+ミミッキュの軸は強いと感じたので、欠陥を補って構築を組むことに決めた。襷ゲンガーでは命中不安のきあいだまに頼ることが多かったので命中安定格闘ゴーストの打点が持てるギルガルドを採用。アーマーガアとシーズン1で流行っていたすなかきドリュウズに強く出れるウォッシュロトムを採用。パッチラゴンドリュウズを誤魔化すためにカバルドンを採用し、最後にサザンドラドリュウズのような並びに強く出れるラプラスを採用し完成とした。

 

個体紹介

f:id:kubochan523198:20200202092730j:image

 

カビゴン@フィラのみ(キョダイマックス個体)

くいしんぼう

いじっぱり

H36A180+B244D44S4

すてみタックル

アイアンヘッド

ほのおのパンチ

のろい

前期と同じ調整で採用したがTODの影響がてっぺきボディープレスもちのアーマーガアが増えてきており、前期ほど選出することができなかったが、やはりのろいを一回積んだ後のダイマックスカビゴンは止まり辛く強かった。キョダイサイセイの五割の運ゲーに勝利した時にHP管理ができるのは強かった。

f:id:kubochan523198:20200201201531j:image

ミミッキュ@のろいのおふだ

ばけのかわ

ようき

AS252

じゃれつく

ゴーストダイブ

かげうち

つるぎのまい

ダイマックスのターンが稼げるゴーストダイブにして相手のミミッキュと最低でも同速になるように最速で採用。出しどころが難しかったがミミッキュを選出するようになったら勝てるようになった。強い

f:id:kubochan523198:20200201201500j:image

ギルガルド@きあいのタスキ

バトルスイッチ

うっかりや

CS252

シャドーボール

インファイト

てっていこうせん

かげうち

身内が使っていた技構成でシャドボてっていこうせんでカバルドンが飛ぶのが強いと思ったのでこの技構成で採用。初手に出して雑に削るということもしたが、裏から出してつめにいくという投げ方をすることも多かった。裏から投げると今シーズンはじゃくてんほけんの増加のせいかタスキが読まれることが少なく刺さることが多く強かった。

 

f:id:kubochan523198:20200201210514j:plain

ウォッシュロトム@いのちのたま

ふゆう

ひかえめ

H188C252S68

ハイドロポンプ

ほうでん

あくのはどう

わるだくみ

受けの崩しとして採用。すなかきドリュウズが増えると思っての採用だったがそんなに多くなかった。アーマーガアを倒せるポケモンがこいつしかいなく選出する機会は多かったがミミッキュに切り返されしんどくなることが多く、変えるならまずここ。アーマーガアと選出択をしないようになる動きを一生探してる。

 

f:id:kubochan523198:20200201203241j:plain

ラプラス@じゃくてんほけん

ちょすい

れいせい

A4C252B252

うたかたのアリア

フリーズドライ

ぜったいれいど

こおりのつぶて

ぜったいれいどの枠はなんでもいいと思ったが受けなどにワンチャンとれるぜったいれいどで採用した。初めはひかえめで使っていたがじゃくほが発動した後につぶての火力が欲しい機会が多く、またギルガルドには抜かれておいたほうがいいと思ったのでれいせいに変えた。カバサザンドリュ@3のような並びが多く環境に刺さっていたと思う。

f:id:kubochan523198:20200201201433j:image

カバルドン@フィラのみ

すなおこし

わんぱく

H252B12D244

じしん

あくび

ほえる

ステルスロック

選出機会はすくなかったが、こいつがいることで選出の幅が広げることができた。パッチラゴン、ドリュウズなどきついポケモンに対して誤魔化すこともあった。

 

結果

f:id:kubochan523198:20200201211858j:plain

最終日十二時ごろに最高44位

その後保存した結果最終93位になった

感想

 終始楽しくポケモンできて本当に良かった。

 サブロムを始めるのが遅すぎてもっと上を目指すことができなかったのは少し残念だったが、目標としていた二桁に滑り込むことができて嬉しかった。

 

スペシャルサンクス

二桁でキープできる適切な保存ラインを的中させてくれたSBM

応援してくれた通話窓のみんな

いつも応援してくれるしげる

孵化あまりのをたくさんくれたようとるくん

 

シーズン1使用構築 カビゲンミミッキュ(最終477位)

どうもゆうぽけです。シーズン1お疲れ様でした。僕は終盤の一週間三桁前半を彷徨い続け、最終日に3回くらいあった二桁チャレを全て落とし、朝まで潜り続けても勝ちきれずに終わってしまいました。反省点が非常に多い結果になってしまったが8世代初のシーズンということで記事を書きたいと思います。

 

f:id:kubochan523198:20200101193338j:image

 

構築経緯

相手のダイマックスに対して確実に仕事ができる行動保障のあるポケモンとしてミミッキュと使い慣れている襷ゲンガーからスタート。こっちのダイマックスする枠として相手のカバ展開に強いラムギャラドスとノーマルタイプが欲しくなったのでカビゴン。ここまでで重いアーマーガアに強く出れるけんまい聖剣ギルガルド。ステロが欲しくなりドリュバンギも重かったのでカバルドンを採用し完成とした。

 

個体紹介

f:id:kubochan523198:20200101174134p:image

ゲンガー@きあいのたすき

のろわれボディ

おくびょう

B52、C204、S252+

シャドーボール

ヘドロウェーブ

こごえるかぜ

きあいだま

ドラパルトのドラゴンアロー耐えまでBにふってSアイアント意識で最速残りC

きあいだま運ゲーポケモン。最終日しんどくなればなるほどこいつで脳死きあいだまブッパしてあたらんぐわあああって言ってた。

 

f:id:kubochan523198:20200101175046j:image

ミミッキュ@のろいのおふだ

ばけのかわ

いじっぱり

H180、A156+、B172

じゃれつく

シャドークロー

かげうち

つるぎのまい

球を後述するギルガルドに持たせたのでのろいのおふだを持たせたABミミッキュ。わかりやすい詰め筋になり強かったが、相手のミミッキュが重かったので相手のミミッキュに強いミミッキュにしたほうがよかったかもしれない

 

f:id:kubochan523198:20200101175304j:image

カビゴン@フィラのみ

くいしんぼう

いじっぱり

H36、A180+、B244、D44、S4

すてみタックル

ヘビーボンバー

ほのおのパンチ

のろい

最強ポケモン。こいつのおかげで三桁前半をキープできたと思う。3タテすることも珍しくなく雑にカビゴンで数的有利を取り裏のミミゲンで詰めていく動きが強かった。

 

f:id:kubochan523198:20200101193543j:image

ギャラドス@ラムのみ

じしんかじょう

ようき

H76、A196、S236+

たきのぼり

とびはねる

ちょうはつ

りゅうのまい

カバルドンのあくび展開への対策+受けの崩しを行うポケモン。弱くはなかったがパッチラゴンウォッシュロトムなど止まるポケモンが多く積極的には投げていけなかった。

 

f:id:kubochan523198:20200102153847j:image

 

ギルガルド@いのちのたま

バトルスイッチ

いじっぱり

A252、D4、S252

シャドークロー

せいなるつるぎ

かげうち

つるぎのまい

重かったアーマーガアを見るためにけんまい聖剣で採用したが、重いミミッキュドリュウズに後手に回り選出しづらかった。変えるとしたらまずここ。

f:id:kubochan523198:20200102155728j:image

カバルドン@おぼんのみ

すなあらし

わんぱく

H252B12D244

じしん

あくび

ほえる

ステルスロック

受けをステロ欠伸で削ったり、重いドリュウズを誤魔化したりする枠。7世代の後半からかなり使っているがミミッキュを見れなくなったのがしんどすぎた

 

結果

 f:id:kubochan523198:20200102160142j:image

残ってる最高順位がこれ

200番から300番をずっとうろちょろしてたが少し溶かして撤退し最終477位

f:id:kubochan523198:20200102161006j:image

三度か四度か二桁チャレをしたのを覚えているが瞬間順位の最高は覚えていない。

 

感想

勝ちきれなかったのが悔しすぎたが、終盤の一週間と最終日の間、ずっと三桁前半で戦っていられたのは楽しすぎた。

ポケモンを信用できず7世代にいたポケモンしか採用できなかったのはちょっともったいなかったと思ったので次のシーズンから積極的に採用していきたい。

7世代の時はメガガルーラしか使ってこなかったのでメガがなくなった8世代ではマスターボール級に行くのに80戦かかりどうなることかと思ったが、終盤にはそこそこな高ランクで戦うことができたのでよかった。

シーズン2では結果を出せるように頑張ります

7世代を振り返って

どうもゆうぽけと申すものです。久々に自分語りしたくなってきてしまったので7世代を振り返っていこうと思います。

f:id:kubochan523198:20191112201310j:image

サムネ用

 

S2〜S4

 シーズン1ではストーリーはやっていたが、他の趣味で忙しかったためレートを始めたのはS2から初めのうちはマイナー使って遊んでた。周りの友達が厨ポケは悪みたいな印象だったから仕方ない。その印象が変わったのは実況者のもっちゃんの動画を見始めてから。ガルーラを使い始めたのももっちゃんの影響だし感謝。フォロバをいつまでもお待ちしてます!

 

S5 最高最終2005

f:id:kubochan523198:20191112195547j:image

http://kubochan523198.hatenablog.com/entry/2017/09/12/170306

 当時、orasをもっていなかった俺はXYでグロウパンチガルーラを育成できたものの教え技を使えずほのおのパンチを覚えさせることができずナットレイテッカグヤに殺意を抱いていたのでジバゴイルを採用して鋼を捕まえて通すエースとしてカプ・テテフを採用してできた構築。大学の夏休み全てを使って初のレート2000を達成した。初の2000はめっちゃ嬉しかった。

 

S6 最高1960くらい

 S5とほぼ同じ構築を使ったら、勝ちきれなくてめちゃくちゃ悔しかったシーズン。900戦くらいしてこのシーズンが一番対戦数多かったと思う。悔しすぎてUSMに向けて気合いが入った。

 

S7 最高2111 最終2082

f:id:kubochan523198:20191112200800j:image

http://kubochan523198.hatenablog.com/entry/2018/01/25/223728

 ついに過去作の準伝説が使えるようになり、クレセリアみかづきのまいドンファンのがんじょうが復活するドヤムーブをしたくてガルクレセドンファンからスタート。一ロムが2000に乗るまでマンムーの枠はドンファンのままだったのだが二ロム目から勝ちきれなくなって目標の2100は厳しいと考えた結果、当時流行っていたカバマンダに勝つためにマンムーに変わっていた。これ以来ドンファンを使っていない…。

 結果としてなかなか勝ちきれなくて何度も発狂したけど、五度目の2100チャレンジをなんとか成功させ初めての2100に到達してめちゃくちゃ嬉しかった。これくらいからffが増え始めた気がする

 

S8 最高最終2005

 ポケモンに熱中しすぎた結果、大学から専門学校に編入することになる。そのせいで最終日潜らなかったから最高最終2000ちょい

 

S9 最高2029

f:id:kubochan523198:20191112212212j:imagehttp://kubochan523198.hatenablog.com/entry/2018/06/04/091247

大学を辞めたからといってポケモンを辞められるはずもなく2000は達成し続ける。ガブリアスがまだいけるんじゃないかと思って構築を作ったがフェアリー環境の動きにくさを感じた。

 

S10 最高2029 

S11 最高2005

f:id:kubochan523198:20191112215001j:image

http://kubochan523198.hatenablog.com/entry/2018/09/07/170522

ねこだまし持ちのガルランドが増えてきたと感じていたのでグロウパンチのガルランドが型読みに刺さるのではないかと考え、構築を作った。ずっとモロバレルを使い続けてきたが、結局運ゲーになる機会がとても多く、このシーズンに決別すると決意する。レートではあまり勝てなかったが、初めてのオフであるサブローカップで個人8-1チーム3位という結果を残せたのは嬉しかった。

 

S12 最高2049

f:id:kubochan523198:20191112215525j:image

 クッション+対面という構築を使い続けてきたがそれでは限界を感じ、より対面に寄せた構築を使おうと決意したがどう構築を作っていいか分からず、キャスでよくみていた構築であるヒトムグロスゲコミミ@2の形を真似してみることから構築を作り始めた。ガルーラが入ってきたのはこいつがいないとなぜか勝てなかったからでガルーラ中毒を感じた。

 

S13 最高2102

f:id:kubochan523198:20191112221639j:plain

 http://kubochan523198.hatenablog.com/entry/2019/02/08/173534

 悲願の二度目の2100を達成できたシーズン。前シーズンの経験を元にガルーラにあった対面構築を考え始めた。パワーのあるメガやZで崩してたすきミミッキュでつめるっていうコンセプト自分でもめっちゃ気に入ってる。この時の環境がゴーストZギルガルドが少し前からなぜか少なくなり、警戒していない構築が増えたのではないかと思って組んだが予想通り活躍してくれた。

 2100を達成した瞬間は涙が出るほどうれしかったが、いい順位を取るために2100から潜ったが勝ちきれず悔しい思いをした。

 

S14 最高2025くらい

 久しぶりの2100を取った後のシーズンだったのであまり燃えてなかった。前シーズンから少しだけ変えて潜った結果、インフレシーズンとはいえ勝てるわけもなかった。身内が結果を出しているのを見てめっちゃ効いてた。

 この構築で二度目の遠征でバトルフロンティアに参加してきたが予選は抜けることができたので弱い構築ではなかったと思う。

 

S15 2014

S16 2002

f:id:kubochan523198:20191112232408p:plain

 一応まだ使ってる構築なので並びだけ。S15は久しぶりの二ロム2000を達成したが最終日勝ちきることは全くできなかった。S16は2000から一度も勝てなかった。七世代は中途半端な結果ばかりで悔しかったので8世代はよい順位をとれるように頑張りたい。

 

S17 

 つい昨日ようやく1900に乗ることができた。今シーズンはマジで勝てないと嘆いているがなんとかUSMオールシーズン2000を達成するために頑張りたいのでソードシールドが発売されてもソードシールドでしばらく遊んだらまたUSMに戻ってくる予定なのでS17を最後までやる人は一緒に楽しみましょう。当たった方はよろしくお願いします。

 

感想

 ポケットモンスターサンムーンとウルトラサンムーンは間違いなく俺の人生の中で一番熱中したゲームだ。いろいろあったが全部ひっくるめて楽しかったから間違いなく神ゲーだと思う。

 ガルーラと戦い続けてきた7世代本当に楽しかった。8世代はメガ進化がなくなって弱体化はおろかガラルに連れていけるかどうかもわからないのは少し悲しいけれど、またいつの日か一緒に戦える日が来るのを信じてる。

 思い出をありがとう7世代。

S13 2100達成構築 最強集結ガルマンダガルド

どうもゆうぽけです。今期は一年ぶりに2100を達成できたので構築記事を書こうと思います。

f:id:kubochan523198:20190120200747p:image

構築経緯

今期もガルーラしか使えないのでガルーラ、ガルーラ単メガでは対面構築に必要なパワーが足りないと思いガルーラと相性のいいメガ枠を考えた結果、ガルーラの苦手な格闘やボーマンダに強い両刀ボーマンダの2メガとし、ガルーラボーマンダどちらとも相性のいいギルガルドでガルマンダガルドからスタート。崩しから明確な詰め筋になるたすきミミッキュ、カバマンダガルドに強く採用し得のゲッコウガ、最後にロップ軸に強く受け回しへの崩しとしてエスパーZカプ・テテフを採用し完成とした。

 

コンセプト

パワーのあるZやメガで崩し、たすきミミッキュで詰める

 

単体紹介

f:id:kubochan523198:20190125214119j:image

ガルーラ@メガ石

いじっぱり

132-204-4×-12-156

おんがえし、ふいうち、グロウパンチ、じしん

構築の出発点で、こいつがいないと構築作れなくなったポケモン。調整意図は準速レヒレ抜き抜きで残りコケコの電気ゼットいい乱数で耐えるくらいの耐久でのこりA。最速ガッサ抜きのガルーラが多いと感じたのでミラー意識とレヒレを抜いておかないと対面負けたりサイクルを全抜きする際の支障になると思ったため。メタグロスクチート軸などによく投げ後述するギルガルドとともに崩した。

 

f:id:kubochan523198:20190108005936j:image

ボーマンダ@メガ石

むじゃき

4-188-4-60-0-252

すてみタックル、じしん、だいもんじりゅうせいぐん

ボーマンダミラーに負けたくなかったのでs振り切り残りはどこかのサブブログの真似をした。すてみりゅうせいでカバルドンが落ちなかったことが多々あったのでもう少しSを落としてもよかったかもしれない。やはり数値が高く強かった。かぐやに文字当てる運ゲーは辛かった。

 

 

f:id:kubochan523198:20190120200833j:image

ギルガルド@ゴーストZ

れいせい

236-0-4-244-12-12

シャドーボール、どくどく、かげうち、キングシールド

対面構築なので簡単に後出しされたら困るので後出しの許さないゴーストZで採用した。重いカプ・コケコも誤魔化してくれることが多く強かった。れいせいでsに下降補正をかけながらSに努力値をさいた理由はかげうちの威力を落としたくなかったがミラー意識と最遅のテッカグヤに上から動きたかったため。ミラーでかなり役に立つことが多かったのでSにふって正解だと思った。

 

f:id:kubochan523198:20190120201855j:image

ミミッキュ@きあいのたすき

いじっぱり

4-252-0-×-0-252

じゃれつく、シャドークロー、かげうち、つるぎのまい

崩してからの明確な詰め筋になるので採用した。無難に強かった。

 

f:id:kubochan523198:20190120202855j:image

ゲッコウガ@いのちのたま

おくびょう

0-×-4-252-0-252

れいとうビームくさむすび、めざめるパワー(炎)、みずしゅりけん

Zがあまってなかったのでいのちのたまで採用し、構築単位でほのお打点が足りなかったのでめざ炎で採用。ギルガルドに勝てなくなるが重いクチートに刺さるので正解だったと思う。とりあえずゲッコウガを入れたが割といろんな構築に投げられ、やはりこのポケモン最強だと思った。

 

f:id:kubochan523198:20190120205201j:image

カプ・テテフ@エスパーZ

ひかえめ

220-×-36-116-132-4

サイコショックムーンフォース、ちょうはつ、めいそう

受け回し崩しとして採用。カビムドーなどのサイクルやヒードラン絡みによく刺さった。行動保証が欲しくて耐久に振り、受けサイクルによくいるゲンガーに負けないように特殊にあつくふったが物理耐久が足りなくなり本来勝てるガルーラのすてみタックルで飛んでいくことが多かったのでもう少しCを削ってBに振った方が良かったと思う。

 

結果

TNゆい

最高2103最終2026

f:id:kubochan523198:20190208173218j:image

TNゆうぽけ

最高2065  最終1844

 

感想

久しぶりに2100にのることができてとても嬉しかったが最後まで勝ちきることができなくて悔しかった。今シーズンは最後まで勝ち抜けるように頑張りたいです。

 

 

択について

どうもゆうぽけです。今回は昔サブブログに投げてた分を公開したいと思います。昔の話題の記事になりますがご了承ください。

f:id:kubochan523198:20190130181219j:image

サムネ用

具体的にいうとやんこさんの択についての記事が少し話題になってた時の話です。

 

http://yanko-poke.hatenablog.com/entry/2018/09/28/195157

 

話題を呼んでた記事です。無断転載なので問題があれば削除します。

 

やんこさんの記事では確率的に有利な方の選択肢をとったりできるだけ択の先延ばしできる拓をとる方が良いと書いてあった。たしかに確率的に有利な方をとったり択を先延ばしできる選択肢をとったほうが偉いとは思う。

しかし、その偉い立ち回りは相手からすれば見える択であることが多い。序盤に有利をとった場面で、何度か択を繰り返して択を伸ばせるだけ伸ばした結果最終的に2択になっては元も子もない。それでは早めに勝負を決めにいった方が確率的には高いと言えるのではないかと思った。

しかしレートは相手が全く見えない状況でするから何をしてくるかわからないところが怖いところである。そこで意識しているのが相手は人間なわけで相手の気持ちに立って考えたいと思っている。例えば相手が構築的に有利だったり数的有利を取られている時はほぼ安定択。これをしとけばとりあえず択に持ち込めるような安定択を選択してくることが多く、あまり読んだ行動はしてきません。まあ僕もやろうとは思ってはいるけどこれが難しくその時の気分に流されがちになります。これを書いてまとめることで自分ができるようになればなあと思ってまとめました。

自己紹介

どうもゆうぽけと申す者です.

主にポケットモンスターのシングルレートをやりながら、アニメ見たりラノベ読んだりしてるオタクです。ガルーラ軸を好んで使っているというかガルーラしか使えません。嫁ポケはゴマゾウ。レートはSMのシーズン2くらいから初めました。

結果

各シーズン最高レート

S5 2005

S7 2111

S8 2005

S9 2029

S10 2029

S11 2005

S12 2049

S13 2103

S14 2025くらい

S15 2014(2ロム)

S16 2002

オフ

サブローカップ 3位

最高レート2029 サブローカップ3位 使用構築世界崩壊ガルランドテテフ

どうもゆうぽけです。今回はシーズン10とシーズン11に使った構築を公開したいと思います。

f:id:kubochan523198:20180907082841p:image

 

構築経緯

カプテテフの拘らず瞬間的に火力が出せるエスパーZからスタート。メガ枠として最も信頼しておりグロス軸とグロふいで殴りあえるガルーラ、ランドロスはカグヤ絡みのサイクルを崩せるようにHBビルドみがわりで採用。ガルドグロスがいる構築に対して出していけてかつ火力も出る裏のZ枠として激流水Zゲッコウガを採用しました。そしてテテフとともにきあいだまヒードランバンギを役割集中できるたすきゲンガーを採用。最後にミミガッサなどの対面構築に対して殴り負けることが非常に多かったのでモロバレルを採用して完成とした。

 

コンセプト

・ねこ持ちの多いガルランドやメジャーなゲンガー軸であるゲンガーランドテテフの並びを作り型の予想を外す。

・最も火力の出るたすきメガZの並びを作りZ枠の瞬間火力をものすごいものにしてパワーで押し切る。

・カプテテフが苦手な鋼を意識して役割集中や役割破壊して崩す。

 

f:id:kubochan523198:20180907164327j:image

 

ガルーラ@メガ

おんがえし   ふいうち   グロウパンチ  じしん

いじっぱり

212-244-0-×-54-0

 

いつものメガ枠。ドヒドぽり2などの数値受けを無理矢理崩していた。技構成も最も使い慣れてる構成にし、初手にはあまりなげずガルーラで詰めていくことを考えて選出していた。調整はオバヒりざyが増えていたと感じたのでりざyに対面から確実に勝てるようにリザyのオバヒをいい乱数で耐えるようにした。Sを振ってないせいで多少の使いづらさはあったが耐久面は信頼できた。

 

f:id:kubochan523198:20180907164258j:image

ランドロス@フィラの実

じしん がんせきふうじ  みがわり  ビルドアップ

わんぱく

いかく

252-0-212-×-44-0

http://kazuo-pkpz.hatenablog.com/entry/s9%2C10deck

 

調整はここからいただきました。無断転載なので問題があれば削除します。

テッカグヤに殴り勝てなくはなるが岩石封じにした理由はミミッキュボーマンダに対して安定するためです。ミミッキュに対してはがんせきふうじをいれsを落としみがわりを貼ることでZをすかす動きが強くまたボーマンダに対しては削れていたとしても起点にされずに裏のゲッコウガで処理することができた。

 

 

 

f:id:kubochan523198:20180907115740p:image

ゲンガー@きあいのタスキ

シャドーボール こごえるかぜ ヘドロばくだん きあいだま

おくびょう

のろわれボディ

4-×-0-252-0-252

最後の1枠のたすき枠として採用したが選出率がかなり高かった。よく初手に投げられるコケコランドテテフに有利を取り簡単に数的有利を取れ強かった。きあいだまがあればドランバンギに対してテテフと共に役割集中し崩すことができるのではと思い採用したのだが、きあいだまが当たれば簡単に勝てた試合もいくつもあったが、全然当たらず泣いてた。テテフランドゲンガーの並びに見えるのでたすきと読まれることはあまりなかったが200下にコケコゲンガー対面ボルチェンされた時はイライラしたりした

 

f:id:kubochan523198:20180907122056j:image

カプ・テテフ@エスパーZ

サイコショック ムーンフォース  めざめるパワー炎 ちょうはつ

ひかえめ

サイコフィールド

220-×-92-140-52-4

HBライン

特化メガバシャーモのフレドラ最高乱数きり耐え

HDライン

アーゴヨンのひかえめヘドロウェーブ最高乱数2つきって耐え

Cライン

h228-d140振りのカバルドンを乱数下三つきって落とせる

行動保証が欲しかったので耐久に振った。めざ炎は激流ゲッコウガが出せないナットレイ絡みのサイクルにイージーウィンでき、重いカグヤにも打点としてもてたので構築にあっていたと思う。

 

f:id:kubochan523198:20180907164202j:image

ゲッコウガ@水Z

ハイドロカノン あくのはどう れいとうビーム  みがわり

おくびょう

げきりゅう

0-×-4-252-0-252

ボーマンダに対して強くなるように最速を取りれいとうビーム、裏のガルドにしっかり勝てるようにあくのはどうを採用した。最近のボーマンダはほとんどがこのゲッコウガれいとうビームで死んでくれた。説明する必要もなく最強ポケモン。採用し得だった

 

f:id:kubochan523198:20180907164520j:image

モロバレル@イアのみ

イカサマ  ギガドレイン  クリアスモッグ  キノコのほうし

のんき

252-×-252-0-4-×

もらった個体が最遅だったの最遅にした。あまり出さなかったので変えるならここだがミミガッサが重くなりスカーフムンフォに対して受け出すような動きも取れたので出せる試合を考えて出せばある程度仕事をしてくれた。最速起きさきって最速おきされると試合が終わるのであまり出したくない。選出圧力にもなり悪くはかった。

 

結果

S10  2029

S11  2005

サブローカップ3位個人8-1

 

感想

レートで上位に行くことはできなかったがサブローカップではいい結果を残せたと思う。個人的にグロウパンチ持ちガルランドとしては自信がある構築なので参考になったら嬉しいです。

後いろいろあってロムがなくなったのでS12は絶望的です(;_;)潜ってもQRになると思います。誰か僕に強いQRを恵んでください…