自己紹介

どうもゆうぽけと申す者です.

主にポケットモンスターのシングルレートをやりながら、アニメ見たりラノベ読んだりしてるオタクです。ガルーラ軸を好んで使っているというかガルーラしか使えません。嫁ポケはゴマゾウ。レートはSMのシーズン2くらいから初めました。

結果

各シーズン最高レート

S5 2005

S7 2111

S8 2005

S9 2029

S10 2029

S11 2005

S12 2049

S13 2103

S14 2025くらい

S15 2014(2ロム)

オフ

サブローカップ 3位

S13 2100達成構築 最強集結ガルマンダガルド

どうもゆうぽけです。今期は一年ぶりに2100を達成できたので構築記事を書こうと思います。

f:id:kubochan523198:20190120200747p:image

構築経緯

今期もガルーラしか使えないのでガルーラ、ガルーラ単メガでは対面構築に必要なパワーが足りないと思いガルーラと相性のいいメガ枠を考えた結果、ガルーラの苦手な格闘やボーマンダに強い両刀ボーマンダの2メガとし、ガルーラボーマンダどちらとも相性のいいギルガルドでガルマンダガルドからスタート。崩しから明確な詰め筋になるたすきミミッキュ、カバマンダガルドに強く採用し得のゲッコウガ、最後にロップ軸に強く受け回しへの崩しとしてエスパーZカプ・テテフを採用し完成とした。

 

コンセプト

パワーのあるZやメガで崩し、たすきミミッキュで詰める

 

単体紹介

f:id:kubochan523198:20190125214119j:image

ガルーラ@メガ石

いじっぱり

132-204-4×-12-156

おんがえし、ふいうち、グロウパンチ、じしん

構築の出発点で、こいつがいないと構築作れなくなったポケモン。調整意図は準速レヒレ抜き抜きで残りコケコの電気ゼットいい乱数で耐えるくらいの耐久でのこりA。最速ガッサ抜きのガルーラが多いと感じたのでミラー意識とレヒレを抜いておかないと対面負けたりサイクルを全抜きする際の支障になると思ったため。メタグロスクチート軸などによく投げ後述するギルガルドとともに崩した。

 

f:id:kubochan523198:20190108005936j:image

ボーマンダ@メガ石

むじゃき

4-188-4-60-0-252

すてみタックル、じしん、だいもんじりゅうせいぐん

ボーマンダミラーに負けたくなかったのでs振り切り残りはどこかのサブブログの真似をした。すてみりゅうせいでカバルドンが落ちなかったことが多々あったのでもう少しSを落としてもよかったかもしれない。やはり数値が高く強かった。かぐやに文字当てる運ゲーは辛かった。

 

 

f:id:kubochan523198:20190120200833j:image

ギルガルド@ゴーストZ

れいせい

236-0-4-244-12-12

シャドーボール、どくどく、かげうち、キングシールド

対面構築なので簡単に後出しされたら困るので後出しの許さないゴーストZで採用した。重いカプ・コケコも誤魔化してくれることが多く強かった。れいせいでsに下降補正をかけながらSに努力値をさいた理由はかげうちの威力を落としたくなかったがミラー意識と最遅のテッカグヤに上から動きたかったため。ミラーでかなり役に立つことが多かったのでSにふって正解だと思った。

 

f:id:kubochan523198:20190120201855j:image

ミミッキュ@きあいのたすき

いじっぱり

4-252-0-×-0-252

じゃれつく、シャドークロー、かげうち、つるぎのまい

崩してからの明確な詰め筋になるので採用した。無難に強かった。

 

f:id:kubochan523198:20190120202855j:image

ゲッコウガ@いのちのたま

おくびょう

0-×-4-252-0-252

れいとうビームくさむすび、めざめるパワー(炎)、みずしゅりけん

Zがあまってなかったのでいのちのたまで採用し、構築単位でほのお打点が足りなかったのでめざ炎で採用。ギルガルドに勝てなくなるが重いクチートに刺さるので正解だったと思う。とりあえずゲッコウガを入れたが割といろんな構築に投げられ、やはりこのポケモン最強だと思った。

 

f:id:kubochan523198:20190120205201j:image

カプ・テテフ@エスパーZ

ひかえめ

220-×-36-116-132-4

サイコショックムーンフォース、ちょうはつ、めいそう

受け回し崩しとして採用。カビムドーなどのサイクルやヒードラン絡みによく刺さった。行動保証が欲しくて耐久に振り、受けサイクルによくいるゲンガーに負けないように特殊にあつくふったが物理耐久が足りなくなり本来勝てるガルーラのすてみタックルで飛んでいくことが多かったのでもう少しCを削ってBに振った方が良かったと思う。

 

結果

TNゆい

最高2103最終2026

f:id:kubochan523198:20190208173218j:image

TNゆうぽけ

最高2065  最終1844

 

感想

久しぶりに2100にのることができてとても嬉しかったが最後まで勝ちきることができなくて悔しかった。今シーズンは最後まで勝ち抜けるように頑張りたいです。

 

 

択について

どうもゆうぽけです。今回は昔サブブログに投げてた分を公開したいと思います。昔の話題の記事になりますがご了承ください。

f:id:kubochan523198:20190130181219j:image

サムネ用

具体的にいうとやんこさんの択についての記事が少し話題になってた時の話です。

 

http://yanko-poke.hatenablog.com/entry/2018/09/28/195157

 

話題を呼んでた記事です。無断転載なので問題があれば削除します。

 

やんこさんの記事では確率的に有利な方の選択肢をとったりできるだけ択の先延ばしできる拓をとる方が良いと書いてあった。たしかに確率的に有利な方をとったり択を先延ばしできる選択肢をとったほうが偉いとは思う。

しかし、その偉い立ち回りは相手からすれば見える択であることが多い。序盤に有利をとった場面で、何度か択を繰り返して択を伸ばせるだけ伸ばした結果最終的に2択になっては元も子もない。それでは早めに勝負を決めにいった方が確率的には高いと言えるのではないかと思った。

しかしレートは相手が全く見えない状況でするから何をしてくるかわからないところが怖いところである。そこで意識しているのが相手は人間なわけで相手の気持ちに立って考えたいと思っている。例えば相手が構築的に有利だったり数的有利を取られている時はほぼ安定択。これをしとけばとりあえず択に持ち込めるような安定択を選択してくることが多く、あまり読んだ行動はしてきません。まあ僕もやろうとは思ってはいるけどこれが難しくその時の気分に流されがちになります。これを書いてまとめることで自分ができるようになればなあと思ってまとめました。

自己紹介

どうもゆうぽけと申す者です.

主にポケットモンスターのシングルレートをやりながら、アニメ見たりラノベ読んだりしてるオタクです。ガルーラ軸を好んで使っているというかガルーラしか使えません。嫁ポケはゴマゾウ。レートはSMのシーズン2くらいから初めました。

結果

各シーズン最高レート

S5 2005

S7 2111

S8 2005

S9 2029

S10 2029

S11 2005

S12 2049

S13 2103

S14 2025くらい

S15 2014(2ロム)

オフ

サブローカップ 3位

最高レート2029 サブローカップ3位 使用構築世界崩壊ガルランドテテフ

どうもゆうぽけです。今回はシーズン10とシーズン11に使った構築を公開したいと思います。

f:id:kubochan523198:20180907082841p:image

 

構築経緯

カプテテフの拘らず瞬間的に火力が出せるエスパーZからスタート。メガ枠として最も信頼しておりグロス軸とグロふいで殴りあえるガルーラ、ランドロスはカグヤ絡みのサイクルを崩せるようにHBビルドみがわりで採用。ガルドグロスがいる構築に対して出していけてかつ火力も出る裏のZ枠として激流水Zゲッコウガを採用しました。そしてテテフとともにきあいだまヒードランバンギを役割集中できるたすきゲンガーを採用。最後にミミガッサなどの対面構築に対して殴り負けることが非常に多かったのでモロバレルを採用して完成とした。

 

コンセプト

・ねこ持ちの多いガルランドやメジャーなゲンガー軸であるゲンガーランドテテフの並びを作り型の予想を外す。

・最も火力の出るたすきメガZの並びを作りZ枠の瞬間火力をものすごいものにしてパワーで押し切る。

・カプテテフが苦手な鋼を意識して役割集中や役割破壊して崩す。

 

f:id:kubochan523198:20180907164327j:image

 

ガルーラ@メガ

おんがえし   ふいうち   グロウパンチ  じしん

いじっぱり

212-244-0-×-54-0

 

いつものメガ枠。ドヒドぽり2などの数値受けを無理矢理崩していた。技構成も最も使い慣れてる構成にし、初手にはあまりなげずガルーラで詰めていくことを考えて選出していた。調整はオバヒりざyが増えていたと感じたのでりざyに対面から確実に勝てるようにリザyのオバヒをいい乱数で耐えるようにした。Sを振ってないせいで多少の使いづらさはあったが耐久面は信頼できた。

 

f:id:kubochan523198:20180907164258j:image

ランドロス@フィラの実

じしん がんせきふうじ  みがわり  ビルドアップ

わんぱく

いかく

252-0-212-×-44-0

http://kazuo-pkpz.hatenablog.com/entry/s9%2C10deck

 

調整はここからいただきました。無断転載なので問題があれば削除します。

テッカグヤに殴り勝てなくはなるが岩石封じにした理由はミミッキュボーマンダに対して安定するためです。ミミッキュに対してはがんせきふうじをいれsを落としみがわりを貼ることでZをすかす動きが強くまたボーマンダに対しては削れていたとしても起点にされずに裏のゲッコウガで処理することができた。

 

 

 

f:id:kubochan523198:20180907115740p:image

ゲンガー@きあいのタスキ

シャドーボール こごえるかぜ ヘドロばくだん きあいだま

おくびょう

のろわれボディ

4-×-0-252-0-252

最後の1枠のたすき枠として採用したが選出率がかなり高かった。よく初手に投げられるコケコランドテテフに有利を取り簡単に数的有利を取れ強かった。きあいだまがあればドランバンギに対してテテフと共に役割集中し崩すことができるのではと思い採用したのだが、きあいだまが当たれば簡単に勝てた試合もいくつもあったが、全然当たらず泣いてた。テテフランドゲンガーの並びに見えるのでたすきと読まれることはあまりなかったが200下にコケコゲンガー対面ボルチェンされた時はイライラしたりした

 

f:id:kubochan523198:20180907122056j:image

カプ・テテフ@エスパーZ

サイコショック ムーンフォース  めざめるパワー炎 ちょうはつ

ひかえめ

サイコフィールド

220-×-92-140-52-4

HBライン

特化メガバシャーモのフレドラ最高乱数きり耐え

HDライン

アーゴヨンのひかえめヘドロウェーブ最高乱数2つきって耐え

Cライン

h228-d140振りのカバルドンを乱数下三つきって落とせる

行動保証が欲しかったので耐久に振った。めざ炎は激流ゲッコウガが出せないナットレイ絡みのサイクルにイージーウィンでき、重いカグヤにも打点としてもてたので構築にあっていたと思う。

 

f:id:kubochan523198:20180907164202j:image

ゲッコウガ@水Z

ハイドロカノン あくのはどう れいとうビーム  みがわり

おくびょう

げきりゅう

0-×-4-252-0-252

ボーマンダに対して強くなるように最速を取りれいとうビーム、裏のガルドにしっかり勝てるようにあくのはどうを採用した。最近のボーマンダはほとんどがこのゲッコウガれいとうビームで死んでくれた。説明する必要もなく最強ポケモン。採用し得だった

 

f:id:kubochan523198:20180907164520j:image

モロバレル@イアのみ

イカサマ  ギガドレイン  クリアスモッグ  キノコのほうし

のんき

252-×-252-0-4-×

もらった個体が最遅だったの最遅にした。あまり出さなかったので変えるならここだがミミガッサが重くなりスカーフムンフォに対して受け出すような動きも取れたので出せる試合を考えて出せばある程度仕事をしてくれた。最速起きさきって最速おきされると試合が終わるのであまり出したくない。選出圧力にもなり悪くはかった。

 

結果

S10  2029

S11  2005

サブローカップ3位個人8-1

 

感想

レートで上位に行くことはできなかったがサブローカップではいい結果を残せたと思う。個人的にグロウパンチ持ちガルランドとしては自信がある構築なので参考になったら嬉しいです。

後いろいろあってロムがなくなったのでS12は絶望的です(;_;)潜ってもQRになると思います。誰か僕に強いQRを恵んでください…

 

 

 

 

 

 

 

構築を考える時の思考

f:id:kubochan523198:20180812110310j:image

サムネ用

 

 

 

経緯

 私のffにツイートを見る限りでは頑張ってると思うのに2000に乗ってないという人が何人かいたりします。その人のために何かできることはないかと考えたところ構築を考える時に私が考えていることをブログにまとめることで応援したいと思います。(あくまで個人的な考えなので叩かないでくださいお願いします:;(∩´﹏`∩);:)

 

はじめに

 構築を組む時に最も大切していることを一言で表すと「メジャーな並びを意識して組む」です。きついポケモンを単体だけ対策しても意味がないです。なぜなら対策ポケモンの対策をしなくて勝ててる人はおらず高レートになればなるほどうまく対策してきます。そこで大切になってくるのが構築記事や対戦などでよく見る並びそのものを対策していくことが何よりも大切だと思います。そのために私が構築を考える時にやっていることを一から説明していこうと思います。

 

1.軸を決める

まず軸とするポケモンを1匹もしくは2匹決めます。これは一定以上の性能を持ちかつ環境に一定数存在する並びに刺さるポケモンならなんでもいいと思います。他で対策するにも限度があるのでどこに刺していくかを明確に決めて軸を決めましょう。その中で最もおすすめなのが自分が最も使い慣れてるポケモンを使うということです。全く使ったことないポケモンや使い慣れていないポケモンをいきなり軸として採用するにはまずそのポケモンがどこに刺さるのかわからないことが多く構築が作りにくい上に軸にするポケモンの立ち回りを一から覚えていくのは時間がかかります。勝つことだけを考えるのであれば使い慣れているポケモンから考えることをおすすめします。

 

2.周りを固めていく

周りを固めていくには軸としたポケモンを選出すれば後手に回るような並びや自分が決めた軸のポケモンだけでは崩すことができない並びを対策することが重要になってきます。その上で大切だと思ってることが具体的にどう動くかシミュレーションするということです。具体的に私がよくやっていることで例を挙げると構築記事を読みながら初手自分はどのポケモンを出せば安定するのか。そして、出し負けた時の引き先をどうするのかを考えていきます。できれば最後まで考えたいですがそこまで考えるのは難しいので対面構築だったら序盤で有利にになるかどうかまでシミュレーションしたり、対サイクルパだったらどうやって崩すかまでを具体的にシミュレーションしています。これを様々な対策しなければならない並びの構築記事で試していくと、周りはどのポケモンが必要になってくるか、どんな技構成にすればいいのか、またどんな立ち回りをすればいいのかが具体的に見えてきます。もちろん技構成やポケモンの数は限られているので完璧な構築というのは作ることはできませんが、この並びを崩すにはこのポケモンが必要だけど他の並びを崩すためにこのポケモンも欲しい…みたいに具体的に見えてくることで後は環境との相談になってきます。

 

3.試合数をこなす

こうして周りが固まってきたら後は試合数をこなすだけです。思った以上に火力が出なかったりして構築を変える必要が出てくる時も多いので微調整の繰り返しで構築を決めます。

 

必ず意識した方がいい並び

・カバマンダガルド

・カバリザテテフ

・ヒトムグロスヒレ

他にもたくさんありますが最も重要度の高い3つをあげました。もっと結果出してる人がランク付けしてたりするのでそちらを見て見るとわかりやすいと思います。

 

 

最後に

ここまでお付き合いいただきありがとうございました。あくまでこれは私自身がいつも行なっていることなので他の人はどうかわかりませんが、私自身この方法で一度2100を達成し毎シーズン構築を変えつつ5シーズン連続で2000以上は達成しているので2000には安定して乗れると思います。安定して2100に乗せる方法は教えて欲しいくらいです。何か質問があればツイッターの@yuupoke1231までお願いします。

 

 

 

 

 

最高2029最終爆死構築 役割集中ガルガブミミッキュ

f:id:kubochan523198:20180604083143j:image

 

今更ですが希望があったのでシーズン9の構築記事を書こうと思います。シーズン9は最高レートは撮ってませんが上は2000達成時の写真です。結果にあまり納得いってないので適当に紹介したいと思います。

 

 

構築経緯

ガブリアスが最近流行ってるマンダガルドに強く、使い慣れてるガルーラとも相性がよいと思いガルガブからスタート。どう考えてもミミッキュ重くなるのでモロバレル、テテフバシャに強く出れ受けループの崩しにもなる襷ギルガルド、ここまでできついコケコランドグロスを対策としてヒートロトム。だるいカバ展開と物理受けに削りを入れられる読まれづらそうな挑発採用の呪いミミッキュを採用しました。

 

技構成

 

HAガルーラ@メガ

おんがえしグロウパンチじしんふいうち

 

ASガブリアス@ドラゴンゼット

じしんげきりんみがわりつるぎのまい

 

BSミミッキュ@バンジのみ

ちょうはつのろいみがわりいたみわけ

 

ACギルガルド@たすき

シャドボせいけんめざ氷かげうち

 

HBモロバレル@イアのみ

イカサマギガドレクリスモきのこのほうし

 

HCヒートロトム@マゴのみ

オバヒめざ氷ボルチェンどく

 

感想

ノーウエポンのろいミミッキュを使ってたのだがゲンガーやボーマンダが裏に受かるポケモンがいるから引く前提で動くとシャドボでよく突っ張ってきたりして崩壊するみたいなことが多く相手依存の動きになりが非常に多く使いづらかった。

ガルーラはいつものグロウで使っていたがのろいと相性がいいねこだましの方が良かったかもしれない。

バシャーモゲッコウガが誰も受からずいるだけで窮屈な立ち回りになってしまった。

マンダも大きく隙をみせるガルーラやらモロバレルがいるのにもかかわらず受かるポケモンが少なかったのも反省点。

言い訳になるが厳選の時間がなくこのような欠陥構築を変えることができなかった。シーズン10はシーズン序盤から用意してるので結果を残したいです!

 

 

S7使用構築最高2111最終2088 元ガルクレセドンファン (ドンファンがマンムーになりました)

お久しぶりです。ゆうです。シーズン7ではTNゆう!とY,Yで潜っていました。対戦してくださった方ありがとうございました!そして、シーズン7お疲れ様でした!

シーズン6ではいい構築が思い浮かばず、シーズン5の構築をそのまま使っていたのですが最高1960といい結果が出せませんでした。なのでシーズン7では結果を出すために全力で考えた結果なんと最高レートを大幅に更新し、2100に到達することができました!

 

 構築経緯

使い慣れてるメガ枠であるガルーラと相棒であるドンファン。そしてガルーラと相性が良くかつ三日月の舞でドンファンの削れた頑丈を復活することができるクレセリアがいいと思い、ガルクレセドンファンから構築を作り始めました。そこでどうしてもカバ軸が重くなってしまったのでみがわりヒコウゼットギャラドスを採用。またナットレイテッカグヤも重かったので鋼枠兼そいつらを崩せる磁力ジバコイルを採用。最後にクレセリアを採用する上で一番重くなってくるミミッキュから後出しで勝てるようにモロバレルを採用した。しかしここまでのドンファン入りのこの構築では2013までは行けたのだが終盤増えて来たカバマンダガルドに勝てず、止むを得ず相棒であるドンファンを捨て、崩し性能を持たせるためにどくどくと地面ゼット持ちマンムーにした。 

 

f:id:kubochan523198:20180124160320p:image 

 

 

 

 

 f:id:kubochan523198:20180124160615p:image

 

 ガルーラ

持ち物 メガ石

きもったま→おやこあい

やつあたり、グロウパンチ、ふいうち、じしん

いじっぱり

努力値:H20 A244 B4 D12 S228

実数値(メガ後):183-193-121-×-122-149

この技構成でしか使えなくなってしまった。反動がはいって落ちてしまうのが嫌だったのですてみタックルを入れられず八つ当たりで採用。カグヤやナットレイジバコイルに一任しているので、ほのおのパンチは採用せずゲンガーやギルガルド意識でじしんをいれたが最近のガルーラはじしんをもってないという認識があるせいか刺さることが意外と多かった。調整意図はミミッキュは抜いておかないときついので準速ミミッキュ抜きにしてリザyの文字やアーゴヨンのドラゴンZを少しでもいい乱数で耐えるようにして、後DL対策をしておいた。こいつを通すことが多かったのでねこレンチやねこレイビでもよかったかもしれない。

 

f:id:kubochan523198:20180124171032j:image

 クレセリア

持ち物 ゴツゴツメット  

ふゆう

サイコキネシスれいとうビーム、三日月の舞、つきのひかり

ずぶとい

努力値:H252 B252 D4

実数値:227-×-189-95-151-105

個人的には物理受けとしては相手にかけられる負担が少なすぎて信用できなかったが、削れた刺さっているポケモンを三日月の舞で復活する動きはめちゃくちゃ強かった。

 

f:id:kubochan523198:20180124171120j:image

ジバコイル

持ち物 とつげきチョッキ

じりょく

10まんボルト、ラスターカノン、ボルトチェンジ、めざめるパワー炎

ひかえめ

努力値:H84 C252 S180

実数値:155-×-135-200-103

受けループへの回答&ナットレイテッカグヤが軸のサイクルをまとめて崩してくれるプラス鋼枠。カプテテフへのうけだし回数を稼ぐためにチョッキを持たせた。調整は割と適当。ドンファンより早いハッサムがあまりいなかったのでSをドンファンと同じくらいにして残りを耐久に振った。基本カグヤとナットレイ入りには投げる。選出率はそんなに高くない。

 

f:id:kubochan523198:20180124172043j:image

ギャラドス

持ち物 ヒコウZ

たきのぼり、とびはねる、みがわり、りゅうまい

ようき

努力値:H4 A252 S252

実数値:171-177-99-×-120-146

この構築のMVP。カバルドンをあくびのタイミングでみがわりを貼り一気に崩しに行ける。クレセバレルできついヒードランも起点にできる。カバルドンの起点作り型のほえる持ちが割ときつかったのでちょうはつでもよかったかもしれない。しかし、みがわりにすることでロリコンヒレのリフレクのターンを枯らせたり、ヒコウゼットをすかされるかどうかの拓ができてたところをみがわりで中間拓を取ることもできるのは強かった。

 

f:id:kubochan523198:20180124173036j:image

 モロバレル

持ち物 イアのみ

さいせいりょく

イカサマ、ギガドレインクリアスモッグ、キノコのほうし

ずぶとい

努力値:H252 B252 D4

実数値221-×-134-105-101-50

保管枠。クッションとしてめちゃくちゃ有秀だった。ミミッキュのけんまいゴーストゼット耐えてから次の攻撃まで耐えられるように混乱実を持たせた。ミミッキュ対策に最後の1枠としてとりあえずいれてみたら思った以上に活躍してくれた。ミミッキュのけんまいゴーストゼットを確定で耐えるようにHBに振り切ったがゲッコウガの球レイビで落ちるというアーチャーな事態が起こったのでDにもう少し割いた方が良かったかもしれない。クレセリアとも相性がとてもよくクレセリアとサイクル回してるだけでかてたこともあった。ミミガッサ多かったし、割と環境に刺さってた気がする。見た目と性能が好みだから新しい相棒にしたい説はあるw

 

f:id:kubochan523198:20180124184254j:image

マンムー

持ち物 じめんZ

じしん、つららばりこおりのつぶて、どくどく

わんぱく

努力値:H60 A196 B252

実数値:193-175-145-×-80-100

自慢のABマンムー()。グロスに殺意が湧いてメガメタグロスのアイへ確定で耐えて返しの地面ゼットで吹き飛ばそうと思って育成した。怯みは知らん。ミミッキュミミッキュZ+じゃれつくを滅多なことがない限り耐えるので以外と強かったが普通のASでもいいと思った。マンダに簡単に縛られないのも偉い。カバマンダガルドがきつすぎたので採用。どくどく持ちマンムーは磁力ジバコで崩せないサイクルによく刺さりこの構築に会っていたと思う。

 

途中まで採用していたドンファンはS5と同じなので割愛

 

基本的な選出

刺さっているポケモンで崩してガルーラで詰めていくのが基本的な方針だった。

カバマンダガルド

マンムーガルーラ@1

 

カバリザ

ギャラガルーラ@1

 

ハッサム

ギャラガルーラ@1

 

@1は大体クッションとしてモロバレルクレセリアジバコイル

 

 感想

始めて2100に乗れて本当に良いシーズンでした。21チャレで4回失敗した時には何度も心が折れそうになったのですが、なんとか達成できて本当に嬉しかったです!心が折れそうになった時に支えてくれたのがまなくんやスミチェルさんやユウキさんやねむねむくんやベビーカステラさんやようとるくんなどたくさんのffの方の応援のおかげで達成できたと思います。応援本当にありがとうございました!

 

スペシャルサンクス

構築相談に乗ってくれたゆ・。・うくん

 

最高レート証拠写真

f:id:kubochan523198:20180124175953j:image

 

 質問等がありましたらツイッター

@Tezd4pJD7Nlx6SBまでどうぞ